Fireworksは、画像加工ソフトの一つです。Web専用に進化してきたので印刷・写真系進化をしてきたPhotoshopとはひと味違った機能があって面白い。 以下、主にWebアプリのモックアップ作成向けを想定

ダウンロード

体験版、もしくはAdobe Createve Cloud(月額5000円で最新のAdobe製品が使いたい放題のサブスクリプション)に登録してダウンロードする

「ウインドウ」 > 「アプリケーションフレーム」を選択

環境設定

⌘ + Uで環境設定パネルに移動

編集

  • 「切り抜き時に不要なオブジェクトを削除」のチェックを外す

ガイドとグリッド

  • 「グリッドの設定」を必要に応じて変更

テキスト

  • 「初期設定のフォント」を必要に応じて変更

そのほかの設定

  • キーボードショートカット
    • 「Photoshop」を選択

外部ツールやスクリプト

Extention

Fireworksに組み込む拡張機能

  • IME_Kiiler
    • 日本語入力を制限
  • PI_TextGenerator
    • テキスト生成パネル。タブ・改行区切りなどの区切り文字から複数のテキストオブジェクトを挿入する拡張機能。ウィンドウ > PI_TextGeneratorで起動
  • SPECCTR
    • 要素の幅や高さ、通常のオブジェクトなら線や塗りの色・エフェクト、 テキストオブジェクトなら、使用フォント・文字サイズ・文字色・エフェクトを違うレイヤーに自動的に書き出す拡張機能。49$の有料バージョンと無料バージョンがある。
  • PI_Slice
    • スライスの際の連番挿入・一括置換
  • 1 Slice Name Changer
    • スライス名の書き出しファイル名の変更をコマンド化。キーボードショートカットを割り当てて省力化
  • SelectManager
    • オブジェクト選択を楽に。選択した複数のオブジェクトからテキストや矩形などの基本図形・グループ化したオブジェクトなどとさらに絞り込んで選択することができる。
  • SequenceNumSlice
    • クリックでスライスに連番をふる
  • Texture Panel
    • インストールしているテクスチャが一覧できる拡張機能
  • Adjustments Panel
    • オブジェクトの整列パネル
  • ExportAsFavicon-100.mxp
    • Faviconエクスポート機能
  • GreekedText-111.mxp
    • 仮のテキストを模したオートシェイプ
  • Grids
    • レイアウト用のグリッド(960.gs)を作成
  • Geometry Guides
    • 黄金比ガイドを作ることができるオートシェイプ
  • Guides Panel
    • 選択したオブジェクトに沿ってガイドを引くことができたり、前のページ・マスターページからガイドをペーストすることもできるガイドの拡張機能。この他にも選択オブジェクトの中線を引くこともできます
  • Linked Images
    • 外部画像ファイルとリンクしたオブジェクトを配置できる
  • MultiBorderRect-012.mxp
    • HTML Styleボーダーェイプの作成
  • Orange Commands
    • Fireworksでの作業を素早くするためのショートカットを強化
  • Placeholder
    • 一旦場所だけ確保しておくためのアタリ画像を作るオートシェイプ
  • QuickFire
    • ランチャー
  • Smart Resize
    • グループ化したエレメント群の幅や高さを簡単に変更
  • Tables
    • HTMLスタイルのテーブルをデザインするのに役立つ
  • PI_FontList
    • 使用できるフォントを一覧をパネルで表示する
  • Copy Same Rectangle
    • コマンド集。選択したオブジェクトがびったり埋まる矩形を作るなど

その他プリセット

ワークスペース保存

カスタマイズしたワークスペース(作業環境(パネルの位置など)のプロファイル)をすぐに再現できるように、保存する

その他メモ



blog comments powered by Disqus

Categories

Tags

iPhone Sales

Books

Pinboard